こどものお稽古
大人のお稽古

日本舞踊とは、簡潔にいうと「日本の踊り」です。

日本の踊りといっても、神楽や伝承民俗芸能、あるいは盆踊りや民謡といった民俗的なものではなく、あくまでも舞台上で上演する事を目的とした一個の舞台芸術です。また、「舞踊」は人類の歴史の始まりから存在していました。古事記にある「天照大神の天野岩戸伝説」が有名な話です。

現在に至る日本舞踊は、歌舞伎から派生されたもので、歌舞伎と共に発達していったといっても過言ではありません。

江戸時代に入り、戦のない平安な世の中が続く中、貴族や武家に保護されたそれまでの舞楽や能に変わり、町民・平民のなかに生まれ育った、出雲阿国が始めた歌舞伎舞踊の時代が始まっていきます。それは、仮面をつけずに三味線音楽を主体とするもので、「踊」に、これまでの「舞」や人形浄瑠璃の技法を取り入れ、日常的な動きやしぐさを真似て舞踊として表現する「振(ふり)」を濃厚に配しているのが特色です。

明治に入ると、それまでの卑俗な感覚を否定する志向から高尚化し、大正時代には海外からの刺激を受け、創作舞踊や新舞踊なる新しい舞踊形式を生み出していきました。これらの舞踊は、舞伎俳優ではなく舞踊家が主流になって広まりました。

 

歴史的にその発祥から現代までの少なくとも400年の歳月の中で、それを更に300年を遡る時代に存在した「能」を始めとするそれまでの芸能の技法を継承し、その間にはその時その時の世の流れを反映したもの、新たに工夫された技法を加えつつ洗練を重ねて大成されたのが、現代に受け継がれてきた「日本舞踊」の形です。

これからも、古より大切に受け継がれてきた「和の心」など「伝承」していくべきものと、「現代」を取り入れて新しく展開しながら「伝統」にしていく、このような二面性を大切にしていくべきだと考えます。

1/3

所作が美しくなる

姿勢が良くなる

着物が一人で着られるようになる

敷居が高い・堅苦しい

お金がかかる

(曲や振付等の)内容が難しい

着物や浴衣を着るのが面倒

「​日本舞踊」と聞くとどんなイメージを思い浮かべるでしょうか?

良いイメージもあれば、悪いイメージもある中で、一番多いのは

「見たことがないからよくわからない!!」

​日本の伝統芸能であるにも関わらず、今の時代触れる機会が少ないのかもしれません。

当塾では、ライフスタイルに合わせたお稽古形態・ペースに合わせたカリキュラムなどをご用意しておりますので、

忙しい方でも気軽に続けていただけると思います。

はじめやすい・続けやすい

自分のライフスタイルに合ったお稽古形態を選び、その人・その子のペースに合わせたカリキュラムでのお稽古(個別のお稽古)ができます。

お稽古で使用する曲は、負担になりすぎないよう短いものを使用しています。

着付けも習う事ができます

浴衣・着物の着付け等、着崩れした時の対処方法など、今の時代に合った、合理的な着付け方法もお教えしています。

美しい所作が身につきます

ただ「踊る」日本舞踊のお稽古だけでなく、「所作が美しくなりたい」「姿勢を正したい」「インナーマッスル強化」等、日常生活に役立つような目的をもって指導を行っています。

高額なお金はかかりません

発表会や舞台に出るための高額なお金は必要ありませんし、その際の着物等はレンタルをご利用いただけます。

こどものお稽古
大人のお稽古

大人の女性向けに「カジュアル着付け教室」「美しい所作講座」等開催。

日程等は、Facebook、Twitter等のSNSでお知らせしています