日本舞踊の所作は、全身を使っての体幹トレーニングです。

日本舞踊の基本姿勢では、常に重心を意識して腰を安定させているので、自然に美しい姿勢を保つことができます。そして正しい姿勢を保つには、バランスの良い全身の筋力が必要です。

着物を着ると不自由です。見えている肌の部分は「顔」「首」「手」のみです。歩く時、車の乗り降り、ものを取るとき等、その不自由さゆえの行動が周りには「上品な美しい所作」として映ります。ですが、姿勢が悪いと、それも台無しです。

 

 世界には「プロトコールマナー=国際儀礼・外交儀礼」があります。簡単に言えば国際マナーです。

その国際マナーの基本が「美しい姿勢」です。

姿勢が悪いと信用されませんし、自国の文化を語れないとコミュニケーションもとれない、逆に言えば「自国の文化を語れる人物=活躍できる国際人」なのです。英語は国際交流をはかる為のツールです。ですが、日本文化を知らずして英語で何を語るのでしょうか?もう、留学経験者や国際社会に出られた方達は「美しい姿勢・所作の大切さ」や「自国の文化を身に付けなければ」と、気づいています。

ですが、この合理的な世の中にありながら、「美しい姿勢・所作」は一朝一夕では身に付きません。考えてながら行っているのであれば、まだ身に付いたとは言いません。考えなくても自然に出来る状態、すなわち「忘」となって初めて「身に付いている」といえますから、そうなるまで繰り返しおそわるのです。

 

 だからこそゆっくりと時間をかけて身に付けた「美しい姿勢・所作」は、ブランド品や宝石などとは比べ物にならないほど価値のある人生の財産になります。例え、着物を洋服に着替えたとしても、一度身に付いた自然な美しい所作は変わることはありません。物を一つ拾うしぐさにしても、初対面の人やすれ違う人に対してのお辞儀や会釈一つをとっても、姿勢正しく美しい所作ができ。第一印象も良いです。

正しい姿勢は、その人の明るい印象と若々しく見せる力が読み取れます。

俯いて背中を丸めていると、気持ちまで小さく、寂しくなりますが、顔を上げ背筋をしゃんと伸ばせば、気持ちも前向きになって明るくなります。その分、心に余裕が出来、他者を思いやる事もできるようになります。

 

 日本舞踊のお稽古に取り組んでいる人は、御辞儀一つ、指先の動き一つ一つが上品で美しいのです。姿かたちではない美しさ、良い雰囲気が漂っています。それは、意識して出す色気などでは太刀打ちできない程の魅力です。何かと姿形ばかりにとらわれることの多い現代ですが、内から表れる美しさ、美しい雰囲気というのが本来「日本人が感じる美」なのだと思います。

ただ動作をきれいにすればよいわけではありません。大切なのは「他者を思う心」→心がなければただの自己満足に終わる。形にこだわり過ぎて他者から見て不愉快になったり、違和感を与えてはいけない。心地よさ、気持ちよさ、清々しさを与える→おもてなしの基本へと繋がる他者と良好な関係を築いていくためにはマナーや作法が欠かせません。つまりマナーや作法は、他者あってのものであり、他者を思う心があってこそ、その所作は美しく見えるのです。

 

 日本舞踊に限らず、「日本文化」は敷居が高いと捉えられています。その一因として、奥が深く一朝一夕には身に付かないからです。継続することが大事になってきます。

「日本舞踊教室 なでしこ」では、今の時代に合ったお稽古体制をとり、皆様が継続しやすいようにしております。お金のかからない、誰でも参加できる、敷居の低い日本舞踊教室です。

日本舞踊歴22年、林流(家元 林与一)に入門し、名取・師範として13年間日舞の指導や舞台の勉強をする。その間、他の日本舞踊の流派にも通い我流だけでなく多様な知識を習得。その後、今の時代に合った日本舞踊の形態「お金のかからない、親しみやすい日本舞踊」「美しい姿勢・所作を身につけ、心身ともに決行へと導く日本舞踊」を広める為に独立。

 

日本舞踊を学ぶ傍ら、様々な伝統文化(長唄三味線・端唄・鼓・太鼓・日本画等)芸能に精通し、国内はもとより世界各国の経済界、文化界の著名な方々と交流する機会を経験することで日本文化の素晴らしさ、大切さを学ぶ。

そういった中で「日本舞踊はお金がかかり、敷居が高い」というイメージをなくすためにはどうすれば良いかを考え、独自の日本舞踊形態を作り、平成25年秋より活動を始める。

平成25年9月より、市内各所にて「こどもをどり塾」「こども日舞」を開催。

平成26年12月より、大人の女性向けの「なでしこをどり塾」を開催。

 

その他

カルチャースクール エミールにて体験型の「日本舞踊から学ぶ美しい所作・美しい姿勢講座」を開催。

短期の「こども日舞~日本舞踊体験会」「日本舞踊に学ぶ所作講座~なでしこをどり塾」を開催。

平成27年1月より、定期講座にて「カジュアル着付けと美しい所作」を開催。

毎年夏には、「浴衣の着付け&美しい所作講座」「カジュアル浴衣着付け」「浴衣帯のアレンジ講座」等を開催。

その他に、今の時代に合った着物ライフを提案する活動として「きもののお話」を季節ごとに開催。

 

以上のように、マンツーマンでのお稽古、個々のライフスタイルに合わせたお稽古に加え、着物や浴衣の

着付、所作指導。今の時代に合った着付け方や、着物コーディネートの指導も行っております。なかでも譲り

り受けた着物を今の時代に合わせた活用法を提案する講座が、今の若い世代の女性に喜ばれております。

 

【定休日】日・祝、お盆、年末年始

【所在地】徳島市籠屋町1丁目25

【電話受付時間】10:00〜19:00

​【定休日】日・祝

【所在地】徳島市庄町1丁目63